平成29年6月17日 (土)  13:30〜14:30

高木俊介さん講演会  ( 公開シンポジウム基調講演 )

個、家族、社会、世界:                   まだ見ぬ実践のためのダイアローグ

                                       たかぎクリニック    高木

 

   現代社会は、消費資本主義とグローバル経済の影響を生身の個人がもろに受けながら、人類の「共生」への夢と「排除」という熱狂が争っている時代である。

  そのような時代に、病や障害の対人支援を行おうとする者が目ざすのは、個別には原理的に対等である援助関係であり、全体としては病や障害を包摂し共生する社会である。おそらく今後半世紀は続くであろう、福祉的国民国家の機能喪失と、憎悪の連鎖が私たちの日常生活を直接に脅かす現在の世界で、1020年先の精神医療・保健・福祉分野のパースペクティブを得るための思想が必要とされている。
 生命体としての身体と心、<個>、その個と濃密な関係を結ぶ家族や親密圏、<家族>、それを組織し同時に対立する<社会>、そのすべてを取り巻くコスモス、<世界>がある。私たちは、これらの相互作用と反作用の力場の中で援助関係をつくる。
 だが、現代社会はこの4象限のそれそれを細分化・複雑化し、痩せ細らせている。私たちの生からそれらを略奪する。それを再獲得し、再拡張しなくてはならない。そのために、そのそれぞれの有り様と互いの関係を横軸(空間の再獲得・再拡張)とし、原始共同態から市民社会、そして市民的共同体へと至る人間集団の展開を縦軸(時間の再獲得・再拡張)として考察し、最終的につながりあい循環する全体をイメージすることが、私たちの日々の実践のために、あるいはまだ見ることのない新たな実践のための課題である。
 そして、そのつながりあい循環する全体の中の私たちであるために、いま必要なのはダイアローグを果てしなく続けることであろう。

 

 

 

高木俊介:ACT-K主宰。

ACT( assertive community treatment :包括型地域生活支援プログラム)は、精神科病院への頻回入院や長期入院を余儀なくされていた人々が、退院後に地域で安心して暮らしていけるよう、医療と福祉の恊働支援を行う仕組みです。

ACT-K(京都)は、京都市内で、

「たかぎクリニック」

「ねこのて訪問看護ステーション」

「NPO 法人京都メンタルケア・アクション」

の連携によりACTの活動を行っています。